髪の毛をハリを復活させる方法

毛髪は身体の栄養を使って成長していくので、毎日の食事がとても大切になります。薄毛や抜け毛が気になる人におススメの食材は、良質なたんぱく質が豊富に含まれている食材です。たんぱく質がなくては、髪の毛は成長しません。具体的な食品を挙げるとすると、卵、乳製品、大豆といった食品です。中でも、男性ホルモンを抑えるイソフラボンを多く含んだ大豆は、髪の悩みには最適な食品だと言えます。このところ、髪への関心が増えたためか、ドライヤーやヘッドスパ、家庭用レーザー育毛機器といった抜け毛や頭皮のトラブルを予防する美容家電が続々と発売されています。ちなみに、ドライヤーやヘッドスパの効果は使用して髪が生えてくるようになるというよりも、今ある髪の毛や頭皮の環境を良くして、育毛に適した頭皮に変えるという、育毛治療の手助けとして力を発揮してくれるでしょう。生活習慣の改善の中でも、睡眠の質を高める事は健康的な髪の毛の成長を促し、育毛剤などを使用している場合、その効き目が実感しやすくなるでしょう。なぜかと言うと、人間の体は睡眠中に成長ホルモンが分泌され、これが髪の毛はもちろん、全身の組織の修復をするためです。夜10時から深夜2時は最も多くの成長ホルモンが分泌される時間なので、意識的にこの時間は眠っているようにすれば身体にも髪にもプラスになるので、良いことづくめです。近年、発毛クリニックである「リーブ21」が驚くことにウーロン茶エキスには育毛効果が期待できるというレポートを日本薬学会に提出しました。どういうことかと言うと、ウーロン茶エキスの中の成分が、男性ホルモンをDHT(薄毛を促進するホルモン)に変化させる酵素の活性化を抑制する効果が確認され、とくにAGA(男性型脱毛症)の治療に役立つ見込みがあるということでした。とはいえ、安易にウーロン茶を飲み続ければ、薄毛が改善されるという訳ではないことを断っておきます。残念ながら、育毛剤で即効性を感じることは難しいでしょう。効き始めるまで3、4ヶ月は見た方が良いですし、1年以上使っている人もいます。どうしてこのように時間がかかるのでしょうか?これは髪が生えて抜けるまでのヘアサイクルを理解すると分かりやすいでしょう。髪の成長期が終わり、髪が伸びなくなる退行期の期間が3週間程度、休止期という、成長が完全に終わって抜けるまでの期間が3ヶ月程度あります。この時にいくら育毛剤で毛根を活発にしようとしても成長期が来ない限り発毛することはないため、時間がかかってしまうという訳です。乱れた生活習慣を改善し、規則正しく健康的な生活を送ることは、巡り巡れば、髪のためになることばかりです。ヒトの細胞は、睡眠時に最も活発に新陳代謝を行います。ですから、寝不足になると健康的な髪の成長を阻害するのです。または、運動不足も新陳代謝の低下と血行不良の原因になりますから、育毛においては大きなマイナス要因となります。血行不良が進むと血流にのって髪に届くはずの栄養素が届かなくなってしまう為です。育毛にかかる費用は、誰もが気になるところです。けれど、実践する育毛方法が違えば、必要なお金も変わってきてしまうでしょう。育毛シャンプーや育毛剤を使うのなら毎月あたり数千円、育毛クリニックに行くとなると、保険適応外なので、毎月数万円の出費になります。もし植毛しようというのであれば、自毛なのか人工的につくられた毛髪で植毛するかで費用に差が出ます。皆さんご存知のように、血行不良は健康の大敵ですが、頭皮にも同じことが言えます。頭皮の血流が減少すると髪の成長に必要不可欠な栄養素が運ばれなくなってしまうのです。その結果、毛髪がやせ衰えて抜けやすくなり、更に薄毛が酷くなります。血行の改善が発毛や育毛で重要視されるのはこのような背景があるからです。頭皮マッサージや湯船で全身温まることなどで薄毛対策をしておくと良いでしょう。みなさんもご存知の通り、育毛効果が期待される成分には多くの種類があります。具体例を挙げると、毛母細胞を活性化し、髪の成長を助ける白薬子エキスや血液の流れをスムーズにして頭皮に十分な栄養を届けるニンジンエキス、殺菌効果があり頭皮の環境改善に期待できるヒノキチオールといった成分があります。育毛のために医薬品や医薬部外品を使用する場合、その薬を作った会社は法律によって、配合されている成分をパッケージに記載するという義務がありますから、あらかじめチェックしておけば、その成分による効能を把握できるでしょう。ただ、化粧品に分類される育毛薬については記載の義務がないため、具体的な成分は分からないでしょう。ヒトの体は60%が水分で出来ています。ですから、健康を考えると、一日当たり3リットル程度の水分を摂取した方が好ましいといえます。体内の水分が不足すると血液が血管をスムーズに通らなくなって、血行不良になりやすいのです。その結果、髪に届くはずの栄養が行き渡らず、育毛にとっては悪影響になります。あるいは、水分不足は肌にも強いストレスを与えるので、皮膚組織である頭皮の環境も悪化してしまうのです。身体にとって嬉しい効能がたくさんある温泉ですが、泉質を選べば育毛の効果も実感できるかもしれません。育毛に適した泉質とは、酸性の温泉です。酸性泉質の効能のひとつである毛細血管の拡張作用のため、頭皮の血行が促進され、老廃物が排出されやすくなります。一般的に、酸性の泉質というと炭酸泉か硫黄泉のどちらかになり、その数が多いのは硫黄泉です。ただ、酸性の温泉は、人によっては湯爛れを起こす可能性もあるため、皮膚の弱い人は気を付けた方が良いでしょう。植物から抽出した精油を使ってアロマテラピーなどを楽しむ方が増えています。心身のリラックスやリフレッシュを目的としたもの以外にも、髪のためになるオイルも数多くあります。例を挙げると、スウィートオレンジというアロマオイルは発汗作用から血行を促進し、頭皮の状態を整える効果があるため、育毛に適しています。髪の悩みに合わせてオイルを配合することでこの世に一つしかない、自分だけのシャンプーやマッサージオイルを作ることも出来ます。大手のドラッグストアなどで探してみると、抜け毛や薄毛予防に特化した「スカルプ」という名前の入ったシャンプーを見かけます。このスカルプとは、日本語で言うと頭皮のことで、これらの商品は頭皮ケアを行い髪の毛の健やかな成長を導くための商品です。とはいえ、どれだけスカルプケアを謳ったシャンプーを使ってみても、それが頭皮に付着したまま乾かしてしまうと毛穴詰まりとなって、毛髪の悩みがさらに根深い問題へ発展することもあります。髪のためには、何よりも洗髪が重要なことを理解しておきましょう。代表的な肌トラブルといえば、かゆみやぶつぶつ、炎症です。実は、頭皮でも同じリスクがあり、合わない育毛剤を使ってしまうと肌トラブルの症状が出てくることがあります。効き目の副作用と思って甘く見ていると、育毛治療になるどころか肌トラブルが悪化して頭皮環境が悪くなります。育毛剤を使用後に肌に違和感を覚えた場合、すぐに使用を中止するようにしてください。髪の悩みがない人でも、自然脱毛といって、髪の毛が1日当たり100本近く抜けることは普通にあります。それに、季節の変化によって抜け毛の本数が増えたり、反対に髪の毛が生えやすい季節もあります。なお、夏の終わりは最も抜け毛が多くなる季節です。これは、梅雨の湿気と真夏の強い日差しによって頭皮まで十分な栄養が行きわたらなくなるからです。また、身体に備わっている自然の働きで春や秋といった季節の変わり目は、体毛が生え変わる時期になるので、抜け毛が増加するのです。
洗い流さないトリートメント 人気ランキング